働いていると、患者さんにも利用者さんにも「理学療法士と作業療法士の違い」をよく聞かれます。
前に働いていた施設では、職場の人ですら理解していない人がいました。
生活相談員や看護師も意外と知らない人が多いんですよ(笑)

 

これから専門学校の入試面接がある方は、絶対面接官から違いを聞かれるのでしっかり答えられるようにしてくださいね。

 

 

理学療法士や作業療法士の人からすると、

 

全然違うよ!!!

 

って言いたくなる気持ちは分かりますが・・・。
ここでは、できるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

 

理学療法は、身体機能の回復のためのリハビリ

 

(英:physical therapist:頭文字をとりPTと言われる)

 

作業療法は社会適応に向け心と活動のためのリハビリ

(英:occupational therapist:頭文字をとりOTと言われる)

 

そもそも「リハビリをする目的から違うのです。

 

文字だけだとまだ「むむむ?」とピンとこないですよね(-_-;)
もう少し具体的に説明していきます。

 

 

詳しい理学療法士の説明

リハビリをする目的は、患者さんの「身体機能の回復・維持・悪化予防です。

 

身体機能とは、起きる・立つ・歩くなどです。

したがって、仕事内容は、起きる・立つ・歩くなどといった動作のアドバイスや身体機能の維持改善を目指した筋力強化関節柔軟性向上物理療法などです。

 

障害や後遺症のある「部位」に着目してリハビリを行うのです。

活動の場は、医療・福祉分野をはじめ、健康増進、スポーツ医学、スポーツトレーナーなどの分野にも広がっています。

 

具体例①歩行練習のイメージ

 

 

 

 

 

 

詳しい作業療法士の説明

リハビリをする目的は、患者さんの「社会適応に向け心と活動回復・維持・悪化予防です。

 

具体的に言うと、社会適応とは、社会復帰に向けた職業前訓練(就労に向けて作業能力・耐久性・集中力・正確性等の向上を目標とした訓練)などのことです。

 

また、日常動作である「生活活動(食事、料理、掃除、読書等)」の訓練には、レクリエーション(遊び、スポーツ)や、創作活動(ゲーム、体操、編み物、陶芸、絵画、音楽など)もリハビリの手段として用います。

 

身体精神発達老年期の4分野にわたる幅広い領域が対象となる作業療法士は、いろいろなシーンで活躍できるので、病院や施設からの求人が多く、これからますます必要とされてくる職業です。

 

生きがい支援のスペシャリスト作業療法士と言ってもいいでしょう。

具体例②手指練習のイメージ

 

 

まとめ

 

理学療法士が「基本動作」を獲得し、さらにその後に作業療法士が応用動作と社会適応のための能力回復」といった関係でリハビリを進めていきます。

  理学療法士(PT) 作業療法士(OT)
リハビリの目的

身体機能(起きる・立つ・歩く)の再獲得

社会適応に向け心と活動の再獲得
仕事内容 筋力強化、関節可動域練習、動作練習など 職業前訓練、創作活動、日常生活動作練習など
ニックネーム 筋骨格・動作分析のスペシャリスト 生きがい支援のスペシャリスト

 

どちらの方が未来ありますか?
その質問が、どれほど先を見据えたものかにもよりますが・・・。
正直、ただ働いていたら、それなりのPT・OTで終わります。

 

病院でのリハビリ職の立場は、一番下でしょう。

 

医者と病院の便利屋となっています(笑)

 

 

私は、2050年以降の日本は、医療費負担が増え、高齢者が減っていくと思うので、かなり競争率が激しくなると予想しています。

 

それなのに、療法士は増え続けています。

 

高齢者が増えている「あと10年」は安泰です。多分・・・。
介護職不足だって連日ニュースでやっていますしね。

 

どちらに未来があるかより

 

自分がどっちになりたいのか?
やりたい方はどっちか?

 

それを大切にしてもらいたいです。

 

どちらも無限大の可能性を秘めていますよ!!

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
コメント、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。