お金を貯める方法は、とっても簡単です。

 

むしろ使う方が難しいと私は思っています。
それでは見ていきましょう。

 

お金を使わない。

もう結論が出ちゃっていますよね(笑)
お金を一切使わなかったら、そりゃ貯まりますよね。

 

ケチになりましょう。
缶ジュース1本も買うな!
水筒もて!

 

これでお金は貯まっていきます(笑)

 

生活レベルをとことん下げる。

ブランドの洋服のどこがいいんですか?
車にこだわりがある人も私は理解に苦しみます。
いや、本当に好きで、その選択に理由がしっかりしていたらいいんですよ。

 

ブランドものの何がいいかと聞くと、
「やれデザインだ。みんなと一緒は嫌だだの・・・」

私からしたら、逆にブランドや周りの目を気にしすぎの人の方が大多数です。
そっちのほうが、みんなと一緒ですよ(笑)

自分の体について感じているイメージと、外界との境界のことを心理学の専門用語で、「身体像境界」といいます。
服やアクセサリーは、その人がまとう「鎧」のようなものです。
結局のところ、自身のなさや不安をそれらで解消しようとしているだけのです。

 

簡単に言うと、服や車でしか特別感を出せない。
かわいそうな奴だとしか見えないわけです。

私は、車は「FIT」、服はほとんどが「ユニクロ」です。
もっと興味のあるものにお金を使いたいからです。
車や服になんかお金を使っているだけもったいないです。

 

ランニングコストを抑える。

習慣的に買っているものはありますか?
お昼に飲むコンビニコーヒー?発売を楽しみにしているワンピース?
それら全部やめましょう。必要ありません。

 

まとめ

お金は道具です。
扱い方を知らない人が多すぎる印象です。

貯めても使い方が分からないんじゃないでしょうか?

 

結局、みんなお金が欲しいって言いますが、あったらあったで使ってしまうんです。
いいお金の使い方と悪いお金の使い方があります。

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
TwitterやFacebookのフォローお待ちしています。

いいお金の使い方3選