この記事は、おすすめの本を紹介するコーナーです。
簡単にどんな内容だったか紹介するので、よかったら購入して読んでみてくださいね。

 

ざっくり内容を紹介。
ケトン体と聞くとどんなイメージがありますか?
正直、医療職員だって、「ケトアシドーシスを起こす悪いやつ・・・」。
最悪の場合は、死んじゃうこともある・・・」。

と思っている人が、多数ですよね。
だって、学校でそう習いますもんね(笑)

 

そんな一方的な考えから、違う視点で見ることも大切です。
私は、この本を読んで視野が広がったと思っています。

 

最近、ケトン体の研究で「様々な病気の予防」につながることなど証明されています。

 

この本を参考にして、いろんな記事を書いてきました。
もしお時間あれば読んでください。
ケトン体の研究結果(誤解を解こう!)
食改善!!~糖質代謝からケトン代謝へ~
ケトン体の誤解~糖尿病編~
ケトン体の誤解~がん編~

 

一歩踏み出して、まず一緒にケトン体を知ることから始めませんか?
漫画で説明されていて、とても分かりやすいですよ。
150ページほどなので、すらすらっと読めます。

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
TwitterやFacebookのフォローお待ちしています。

以下、本の情報を転載しました。
参考にしてください。

 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ブドウ糖代謝」から「ケトン体代謝」へー糖尿病、ガン、アルツハイマー病、うつ病を撃退する新常識。2016年上半期Amazonランキング大賞3位の新書をコミック化。体質改善をみるみる実感!「ケトン体」の驚くべき実力を日本一やさしく解説します。

 

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 「ブドウ糖信仰」をきっぱり捨てて、ケトン体のことを知ろう(人間のエネルギーはブドウ糖?/脂肪がケトン体に変わるとき/ケトンのえん罪)/第2章 認知症、糖尿病、うつ病etc.を撃退するケトン生活(認知症とケトン体/ケトン体で糖尿病に勝つ!/ADHDは脳のアレルギー?/アトピー治療の可能性)/第3章 ダイエットからガン治療まで!知られざるケトン体の実力(ケトジェニックダイエットの実力/ケトン値を上げるには?/ガンと闘うケトン体)

 

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
宗田哲男(ムネタテツオ)
1947年千葉県生まれ。1965年北海道大学理学部地質学鉱物学科入学。卒業後は国際航業に入社、地質調査などに従事。その後医師を志し、1973年帝京大学医学部入学。卒業後は小豆沢病院、立川相互病院勤務を経て、千葉県市原市に宗田マタニティクリニック開院(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)