はじめに

ケトン体」ってどんなイメージがありますか?

 

ケトン体は悪いもの」だという人は少なくはありません。
ケトアシドーシスという危険な状態を引き起こす毒だ!!
というイメージを持っている方もいるでしょう。
痙攣したり・・・、意識を失ったり・・・、最悪亡くなることだって・・・・。

 

そんな誤解を解いていきたいと思います。

 

最近は、ケトン体の研究が進み、明らかになっていることも多いです。

 

※研究段階であるため、そういった意見もあるという程度に留めておいてください。
大丈夫だとは思いますが、自己判断で治療方針を変更するのではなく、しっかり医者と話し合って治療方針を決めてくださいね。

 

ケトン体の研究

ここ近年、ケトン体への認識は一気に変わりました。

 

2016年4月、厚労省は、重症てんかんの治療食として、「ケトン食」を保健適応食として認めました。

 

こうして初めて、「ケトン体」が人体に有益なものであることが正式に認められました。

 

同年8月には、日本の国立精神・神経医療研究センターの共同研究グループが「中鎖脂肪酸油を含むケトン食の摂取により、認知症でない高齢者の認知機能が向上する」ことを明らかにしました。
これは、当時、世界初の発表だそうです。

 

さらに、同年9月、「胎盤、胎児、新生児のケトン体が高値であること」を論文発表されました。
※これまで、「胎児、新生児はブドウ体で生きている」と言われてました。

ところが、妊娠6週であっても胎児のいる環境には、大量の「ケトン体が存在していました。
ケトン体が基準値の30倍も存在することがわかり、「胎児、新生児はケトン体で生きている」可能性が示されたのです。

 

糖尿病分野でも、ケトン体は注目されてきています。
2015年11月、事実上で糖質制限するの薬による研究では、「糖尿病の全死亡、心血管死を大きく減らし、腎症の進行を予防するという驚くべき結果が出ました。

 

血糖値を下げる薬剤はたくさんありますが、研究で使用した「SGLT2阻害薬」は唯一、血糖値を下げると同時にケトン体の値を上昇させます。

 

そのために、この驚くべき効果は、ケトン体によるものではないかと言われています。

 

今までの糖尿病薬で、これほど大きな効果をもたらした薬剤はありませんでした。
そのため、この試験結果は、糖尿病に関わる人々の間で、新しい風を吹き込みました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
ケトン体の研究結果を中心に取り上げてみました。
もちろん、一部の有益な結果しか挙げていません。

 

しかし、こうした研究結果により、ケトン体が人体の大切なエネルギーであるだけでなく、脳や神経の保護作用や、抗炎症作用などたくさんの素晴らしい能力を持つ物質であることが次第に明らかになってきているのも事実なのです

読んでいただいてありがとうございました。
こちらの記事も読んでくださいね。
食改善!!~糖質代謝からケトン代謝へ~

 

 


本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
コメント、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。