現在、回復期病院は経営的な立場だとかなり厳しい状態です。
診療報酬は減らさ、さらに急性期病院から直接退院した方がいいんじゃないかという流れになってきています。

しかし、学生なら1度は、回復期病院に勤めてみたいんじゃないでしょうか?
私が学生の時は、回復期病院がリハビリの王道だと思っていました(笑)

 

ここでは、回復期病院に就職して良かったと思ったこと3つ上げていきたいと思います。
現在、就活生で志望動機に困っている方にも参考になれば幸いです。

 

40~1時間リハビリができる。

私が専門学生の4年次だった時、実習が8週間(約2か月)を3回行いました。
約半年をいろんな病院で実習するわけです。(変なバイザーに当たると地獄でした) ※バイザー:先生

 

実習地は、急性期病院が2回、回復期病院が1回でした。
実習中、急性期病院の印象は、医学的な治療がメインで、リハビリは邪魔者な印象でした(笑)
いや、本当に(笑)

症状が安定しないため検査が多く、内服の時間も決められています。
検査の時間なのに部屋にいないで、リハビリ室へリハビリに行っちゃうと、看護師が鬼になります。
つまり、その時間をかいくぐるように時間を作ると、20分ほどしかできないことが多いです。
加えて、一日にリハビリを提供する患者様の人数は18人はこえます。

 

一方、回復期病院は急性期病院に比べると検査の数は少ないでしょう。
(患者様の病態にもよりますが。)

 

そのため、40~1時間はリハビリでとれることが多いです。
一日6人から8人程度だったと記憶しています。
いろんなことに仮説を立て、試せる機会は多いと思います。

 

悪い言い方をすると「ある程度良くなった方でも、1時間を取って会話して時間をつぶす理学療法士もいます。」

 

病状が安定し変化を追えることが多い。

急性期病院だと、正直リハビリで良くなった感はないんですよね。
急性期病院の先生に怒られてしまいそうですが(笑)
あと、新人の時は先輩にアドバイスを求めることが多いと思います。
ただどうしてもリハビリ内容の相談より、病態的な相談の方が多くなると思うんです。

 

回復期病院では、ある程度症状は安定しています。
そこから、解剖学的要素や運動学的要素でリハビリのアドバイスを貰えることが多いです。

 

悪い言い方をすると「バイタルサインや血液データをおろそかにし、大変なことをする理学療法士もいます。」

 

退院まで関われることが多い。

回復期病院は、退院可能な目途がたったら、どんな患者様でも家屋調査をしていました。
家屋調査を実施し、その問題点や改修点が書かれたレポートを担当医に提出し、退院の流れになっていました。

一方で、急性期病院は家屋調査は稀でしょう。
リハビリでヒアリングをし、床上動作が必要なら練習してできるようになって退院といった流れでしょう。

 

悪い言い方をすると「ほぼ満床で病院が忙しい時に、家屋調査に行くとなると、ほかの方のリハビリを先輩たちに任せないといけないので少し気まずいです(笑)」

 

まとめ

以上、回復期病院に就職して良かったなと思うところでした。
メリットは、ほかの視点で見るとデメリットにもなりえるので、今回はあえて「悪い言い方をさせてもらいました。

 

良かったなと思うところもあれば、当然後悔したこともあります。
(気になる人はこちら就職先に回復期病院で後悔?その理由3選 ※就活生おすすめ)

 

どこでも経験してみましょう。
やりたいことをやっていきましょう。

 

もし就活生で回復期病院に就職してみたいようであったら、志望動機に参考になれば幸いです。

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
コメント、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。