リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

【先進医療】Facebook研究中。麻痺患者も意思疎通できる「BMIとは?」

現代は、さまざまな場面でコンピュータは欠かせないものとなっています。
仕事で書類作成のほかにも、連絡事項もメールやコミュニケーションアプリが頻繁に使われています。
若年に便利な時代ですが、高齢者や体が不自由な人には機器に馴染まない方が多いのではないでしょうか。

 

そんな悩みをもっている人に救いの手が差し伸べられました。
この記事は、「脳で思い浮かべたことを直接操作できる」技術を紹介したいと思います。

 

BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)とは?

2017年4月、米フェイスブックが発表したことがあります。
それは、頭に思い浮かべるだけで相手に意思を伝えるコンピュータ技術の開発です。
つまり、脳で思い浮かべたことを直接タイピングなど操作ができるというのです。
BMI(ブレイン・マシン・インターフェース) 」といわれるこの技術は、すでに医療分野を中心に研究されています。

 

BMIとは、機械と脳を接続させ、脳の指令によって機械を動かす技術。【2つタイプ

  • 「侵襲型」・・・手術によって脳に直接電極を埋め込んで、そこから脳の電気信号を読み取る。
  • 「非侵襲型」・・・頭皮の周囲をヘッドセットタイプのデバイスで覆い、そこのセンサーによって脳波を読み取る。

 

※磁気共鳴機能画像法(fMRI)とは?

MRI装置のなかで、頭へごく微量の電磁波を当て、返ってきた信号を計算することで脳波の活動パターンを調べる。
脳のなかで活発に動いている部位には酸素ヘモグロビンが多く、周囲の動いていない部位に比べると強い信号を返す。
そのため、それを読み取って結果に反映する方法である。

【イメージ写真】

(写真引用:公益財団法人長寿科学振興財団HPより)

 

医療現場で実用化が進む「BMI」の技術

侵襲型」のデバイスはすでに開発されています。
米国の国防高等研究計画局(DARPA)によって1970年代から研究が始められています。

 

2016年にはピッツバーグ大学が、四肢麻痺の患者の脳に極小チップを埋め込み、ケーブルを通じてロボットアームと接続して触覚を得る実験に成功しています。
さらに近年では、脳に電極を刺す治験用デバイスが開発されるなど、次々と研究は進んでいる。
臨床研究では、すでに脳波だけでロボットアームを動かしたり、タイピングしたりといったBMIの動作が実際に行なわれているのです。

 

一方、フェイスブックが目指しているのは「非侵襲型」のBMI。
脳波が頭蓋骨や頭皮に遮られるため精度が低いという問題がありました。
しかし、フェイスブックは「数年以内に脳から1分間に100単語の入力を可能にする」という目標を掲げて研究を進めています。

 

こうしたBMIの技術が実用化されれば、

  • 手を動かさずにコンピュータやゲームの操作ができる。
  • 麻痺患者と意思疎通ができる。
  • 義肢が熱や感触を知覚できる。
  • 将来的には他人の経験を追体験することもできる。

 

ただBMIの普及は、問題点も多いと警鐘を鳴らす意見もあります。

  • 思考が他人に筒抜けになる。
  • コンピュータが思考に介入する。
  • 集合的な意識に順応して個性がなくなる。など・・・。

実用化には十分な検討が必要な技術だ。

 

まとめ

  • 脳から直接タイピング
  • 義肢の操作も可能。
  • 負の意見を訴える人も多い。

 

いかがだったでしょうか。
本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
ブログ村へのクリック、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)