いきなりですが、10個質問します。
〇の数を数えてください。

質問

  1. 椅子から立つときは、どこかにつかまっている。
  2. 横断歩道で間に合わなくなってきた。
  3. お尻を左右に揺らすように歩いていることを誰かに指摘された。
  4. 杖や歩行補助具(シルバーカー)を使用している。
  5. 腰やひざの関節に痛みがある。
  6. 階段の上り下りが怖い。
  7. 自宅やベランダでスリッパやサンダルを愛用している。
  8. 複数の薬を愛用している。
  9. 転ぶのが怖いから、外に出ない。
  10. 片足立ちは怖くてできない。

 

回答

さて、〇の数は何個だってでしょうか?

0個     【立派
アドバイス:これからもしっかり運動して、0個を維持していきましょう。

1~3個   【不安
アドバイス:自分の体について勉強するといいかもしれませんね。専門家に相談してもいいかもしれませんね。

4~6個   【注意
アドバイス:歩行する際に注意が必要です。歩行練習や運動が必要です。専門家に相談してみましょう。

7~10個 【危険
アドバイス:転倒する前に何か手を打ちましょう。必ず専門家に相談しましょう。

 

解説

大雑把に課題を上げておきました。〇が付いた項目は、課題を意識してみましょう。
立ち上がり動作の間でも、さらに細分化することができます。
ピンポイントに効率的な運動を提供できるので、専門家に相談してみるのもいいでしょう。

1「立ち上がりが課題」
2「歩行スピードが課題」
3「歩行する姿勢が課題」
4「バランスや体力が課題」
5「痛みが課題」
6「バランスや足腰の筋力が課題」
7「生活環境が課題」
8「服薬が課題」
9「精神面が課題」
10「バランス能力低下が課題」

 

解決方法

簡単に解決方法を書いておきましたが、すべての人に当てはまるとは限りません。
人の体は、同じものはないのです。
参考程度にとどめておいてくださいね。

1,5,6,10→体を支える重要な筋肉とは 3選
2,3,4→歩行能力向上するために。3つの方法
7,8,9→高齢者の転倒の理由3選
※気になる人はクリックしてください。

 

まとめ

転倒は、かならず原因があります。
一言で「歳で足腰が弱まったから」とするのはナンセンスです。
細かく原因を追究できるので、ぜひ気軽に専門家に相談してくださいね。

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
コメント、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。