リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

【先進医療】白内障の治療~1日で終わるレーザー治療~

人間の目には、カメラのレンズのようにピントを合わせる本晶体が入っています。
しかし、加齢や紫外線などの影響で、その水晶体が白く濁ってくることがあります。
これが白内障という病気となります。

 

白内障にかかると、視界がかすんだり、光をまぶしく感じたり、視力が低下します。
甘く見ないでほしいと思います。
転倒のリスクにもなりますし、骨折したら寝たきりだってあり得るのです。

 

自覚症状が生じるほど白内障が進行してしまうと、濁った水晶体を元に戻すことはできません。
そのため、治療では手術で人工眼内レンズと取り換えなくてはいけません。

 

日帰りで手術できる「レーザー治療とは?」

レーザー治療とは、レーザーを用いて水晶体の膜を円形に切り、眼内レンズを入れます。

最新技術を使えば日帰りで手術を済ますことが可能です。

この工程がわずか1日で行なわれます。
もちろん、遠くから来て手術を受けた方や手術後心配であれば、別途でお金はかかりますが入院もできます。

 

余談「視力回復のレーシック手術」

少し前に話題となった視力回復術のひとつにレーシックがあります。
角膜を削り、光の屈折異常を矯正する方法です。
90%以上の人が裸眼で1.0以上の視力に回復するため多くの人に利用されています。

 

しかし、デメリットとして、夜間に視力が低下したり、ドライアイになったり・・・。
保険適用外であるため、手術には少なくとも約10万~15万円は必要です。

 

遠近機能が付いた多焦点レンズとは?

このとき挿入する眼内レンズには2種類あります。

  • 単焦点レンズ・・・1か所にのみ焦点が定まる。
     メリット:保険適応され経済的負担が少ない。
     デメリット:ピントが変えられないため日常生活では眼鏡が必要。

 

  • 多焦点レンズ・・・遠くや近くなど複数か所に焦点を合わせる。
    メリット:裸眼でも日常生活を送ることが可能。
    デメリット:保険適応外で経済的負担が大きい。(2焦点レンズが先進医療に認定されている)
    中間の距離にも焦点を合わす3焦点レンズや、すべて距離に対応したオールフォーカスレンズ、乱視用のレンズなど、現在登場している最新の多焦点レンズはすべて自己負担で、片目でも約40万~55万円はかかる。

 

 

まとめ

  • 単焦点レンズ 片目5万円
  • 多焦点レンズ 片目40~55万円

 

いかがだったでしょうか。
本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
ブログ村へのクリック、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。