日本人が糖尿病にかかりやすい人種だってこと知っていました?
ここでは、それを分かりやすく説明します。

 

 

欧米人と比べた日本人のインスリン分泌能力

アメリカ人って、めっちゃ太っている印象がありませんか?
実際に、外国旅行に行った友達に話を聞くと、比較的太っている方が多いとのこと。
どれくらい食べれば、こんなに太れるのかと思うぐらいの人もいたそうです。

 

実は、多くの日本人はたとえ欧米人並みに食べてもそこまで太ることはできません。
それはなぜでしょうか?

 

その答えが、欧米人のインスリン分泌能力が、『タフ』なんです。
欧米人の
インスリン分泌能力をドラえもん』とすると、日本人は『のび太君』です。
ごめんさない。
たとえが悪すぎました(笑)

 

要するに、
欧米人は、高度の過食が続いても、インスリン分泌能力が追いついてしまうのです。
正常範囲で、多量の糖を同化できちゃうんです。
それゆえ、とても太ってしまいますが・・・。
インスリンが、血糖値を正常化できる分、糖尿病にはなりません。

 

ここで一回まとめると、
・多くの日本人はインスリン分泌能力が欧米人に比べて弱い。
・そこまで太る前にインスリン分泌障害をきたして糖尿病になってしまうということです。

 

 

日本人の食生活

戦前は、日本人は、一汁三菜の食事を食生活の基本としていました。

 

もともとインスリン分泌能が『タフではない』日本人が、欧米化した食生活をすれば、糖尿病になりやすいのは当たり前だと思いませんか?

 

実際に、日本人と日系アメリカ人を比較すると、日系アメリカ人は、さらにライフスタイルが欧米化し、糖尿病の頻度が高くなっているという報告があります。

 

日本人は、麺類やご飯ものは大好きです。
お店で大盛無料だと、必ずと言っていいほど大盛にします(笑)

 

また牛丼チェーン店やハンバーガーショップ・・・。
炭水化物の塊です(´;ω;`)えーん

 

やはり、日本人をはじめとするアジア系民族においては、近年顕著となった「食事の欧米化」と「運動不足」が、糖尿病人口の爆発的増加に大きな影響を与えているのです。

 

糖尿病は治らない病気とされていますが、日本人が慣れてきたはずの一汁三菜の食事を食生活の基本にすれば,実は治る患者さんもかなりいるはすなのです。

 

まとめ

糖尿病発症して、ご先祖様を責めるのもいいでしょう(笑)

若い頃からの食事運動を意識して生活していれば、糖尿病の発症を抑えられるということです。
糖尿病を発症しても、高血糖が持続しないうちに、きちんと治療に取り組めば、病気の進行を抑えることができます。

 

一緒に頑張っていきましょう。
記事を読んでいただいてありがとうございました。

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
コメント、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。

メタボの基礎知識~あなたは大丈夫?~