私が以前勤めていたところは、半日型のリハビリ特化型デイサービスでした。
この記事は、「やめた理由3選」ですが、デイサービスに働いた時のメリットもあります。
(気になる方こちら「私が就職先にデイサービスを選んだ理由3選 ※就活生おススメ)

 

これは、私基準で判断しています。
メリットは、言い方を変えるとデメリットにもなります。
全部の施設が当てはまるのではありませんのでご了承ください。

 

 

毎日、ルーチン化した作業。

私が一番堪えられなかったのがこれです。
もう、毎日が同じ!!!

みんなの前で体操して、マッサージして、個別機能訓練計画書を作成して。。。
やることは、こんなもんしかありません。
毎日、同じことの繰り返しだったので、1年ほどしかもちませんでした(笑)

 

良い言い方をすれば、「レールに外れなかったら怒られません(笑)

 

マッサージだけの業務。

ご利用者様がいる間、ずっとマッサージをしています。
時折、ご利用者様から「杖の付き方を教えてほしい「歩き方(歩容)をよくしたい」、「スムーズに立ち上がりたい」といった要望が聞かれました。

 

しかし、その施設は、ご利用者様の満足度などと言って、マッサージに重きをおくところでした。
個別に運動指導ができるのは、マッサージが全員終わり、本当にわずかなじかんでした。
私もご利用者様も満足いくものとはなりませんでした。


個別機能訓練計画書を作成しても、マッサージだけの介入(笑)
まあ、まだまだ社会はリハビリ職=マッサージ師の認識が強いのでしょうか。
伸びしろですねえ(笑)

いい言い方をすれば「マッサージ技術を取得できます。

 

勘違いしている人が多すぎる。

正直、介護領域の職員は誰でもなろうと思えば簡単になれる職種です。
そのため、給料も低い。

加えて、残念ながら、介護領域の職員は、勘違いというか・・・ちょっと変わっているというか・・・。
直球の言葉を使うと偏差値が低い人が多いのです。

なのに、自分はできると思っている人が多いこと多いこと(笑)

 

利用者様が気を使ってしまうレベルです(笑)

まあ、例えばですが、
利用者様に赤ちゃん言葉を使ってしまう職員(笑)
利用者様のものを投げちゃう職員(笑)
笑っちゃいますが、本当にいるんですよ。
なぜ採用したの???って職員が。。。

あ、必ずいるとかではないですから安心してください。

 

良い言い方をすれば「これから勉強しなくてもやっていけます。

 

まとめ

デイサービスをやめようと考えている人は、上記2つを言い訳にしてみたらどうでしょうか?(笑)

人間には合う合わないが必ずあります。
嫌なら辞めればいいんです。

余談ですが、医療現場で働いていた時、介護領域がここまでレベルが低いとは思いませんでした。
それなら、自分の好きにデイサービスを作ってやっていこうと考えたきっかけでもあります。

 

全部の施設がそうだとは言い切れません。
必ず実際に働いたり見学してどんなものなのか判断してください。

 

見学に行ったときに、いい施設が悪い施設か簡単に見分ける方法があります。
「気になる人はこちら「施設・病院見学に行ったら絶対見るポイント3選 ※就活生おススメ」

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
コメント、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。

(施設・病院見学に行ったら聞いてほしい質問3選 )
(「就職先:こんなところにも理学療法士が!?3選 ※就活生おすすめ」)