回復期病院から半日型デイサービスに転職しました。
そのときの理由が3つあります。

 

 

健康寿命を引き上げたい。

寿命には、平均寿命と健康寿命があります。

平均寿命とは、0歳のこどもが生存しうる平均年数のこと。
健康寿命とは、ヒトが心身ともに健康で自立して活動し生活できる期間。
※コトバンク

日本は、平均寿命と健康寿命の差が約10年あると言われています。
回復期病院で働いていた時、患者様は口を揃えて「健康が一番ね」とおっしゃっています。

やっぱりトイレに行くにもお風呂に入るにも、誰かの手は借りたくないでしょう。
少なくとも私は、ADLにおいて誰の手も借りたくありません。
家族も介助者も負担になるでしょう。

また家族はいきなり介護をする立場になります。
どこからどこまで介護したらいいのかなんてわかりません。
そういう時に何でも相談できるようにしたい。
理学療法士を社会に広めたいっていうこともあり、デイサービスに就職しました。

 

予防リハビリに力を入れたい。

リハビリテーション(英語: rehabilitation)とは、身体的、精神的、社会的に最も適した生活水準の達成を可能とすることによって、各人が自らの人生を変革していくことを目指し、且つ時間を限定した過程である。 ※Wikipedia

ちょっと難しい言葉で書かれていますが、リハビリとは「病気になった人を日常生活に戻す」といったようなイメージがありませんか?
私も学生の時は、そう理解していました。

今は、そのリハビリテーションというあり方を根本から変えていこうという流れになってきてます。

これからの高齢者のリハビリテーションでは、日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を促し、それによって一人ひとりの生きがいや自己実現のための取組を支援して、QOLの向上を目指すことに一層の注意が払われるべきと考えられる。
※厚生労働省 「H27 
高齢者の地域における新たなリハビリテーションの在り方検討

つまり、QOL(人生の質)を高めること自体がリハビリテーションであるということです。
まだまだ理学療法士の中でもそういった考えは浸透していませんが、よりQOLに関われるデイサービスで働こうと思い就職してみました。

予防医療を広めたい。

祖父を病院で亡くした時、理学療法士の無力さを思い知らされました。
まだまだテレビやインターネットでは、本当に必要な情報は流さず、エビデンスのない民間療法をやっています。

民間療法が悪いわけではありませんが、医療は日々進化しています。
ちょっと前まで悪として扱われていたものが、一晩にして大逆転なんてこともあります。

例えば、一部のガンはワクチンによって防げる病気になってきています。
他にも、「ケトン体」と聞くと、医療従事者なら「あのケトアシドーシスを引き起こす悪い奴」という認識がある人も多いでしょう。
しかし、今は変わってきています。

 

予防医療について勉強し、広めていきたいと思い、より幅の利くデイサービスに就職しました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
これからデイサービスに就職したいと思っている人は参考できたら幸いです。
ちなみに、デイサービスにをやめた理由も書いています。
「気になった方はこちら(私がデイサービスをやめた理由3選)」

理学療法士が働ける現場もこれから一気に多くなると思います。
一つの職場にこだわらず、どんどん経験していきましょう。

自分をアップデートしていきましょう。

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
コメント、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。