みなさん「腸内フローラ」という言葉知っていますか?
聞いたことはあるけど、意味まではよく分からないという人が多いのではないでしょうか?
腸内フローラとは、大腸のなかで腸内細菌が多数集まっている場所のことです。

 

腸内細菌は、同じ仲間同士でグループを形成しています。
その姿を電子顕微鏡で見ると花々が集まっているかのように見えることから、そう呼ばれるようになりました。

 

腸内フローラを形づくる腸内細菌は、人間のお腹の中に3万種類1000兆個も存在しています。

 

最新の研究では、腸内細菌が、がんに対する免疫力低下による病気やアレルギー、自己免疫疾患、感染症、肥満、糖尿病、アルツハイマー型認知症、うつ、便秘など、さまざまな疾患に影響していることが明らかになっているのです。

 

この記事は、その腸内環境のバランスを正常化する治療法を紹介します。
それでは見ていきましょう。

 

人のうんちで腸を治す(内視鏡で下から注入)

一般的に、腸内環境を整える方法とて、なにを思い浮かべますか?
ヨーグルトのように生きた細菌を食事として摂取したり、生きた細菌をもとにした医薬品や細菌の生成を促す栄養素を投与したり、といった方法ですよね。

 

しかし、近年さらに有効な方法が生み出されました。
なんと腸内環境が正常な人の排泄物を移植してしまおうというのである。
意外に思うかもしれませんが、この糞便移植という治療法は、臨床研究としてさまざまな医療機関で行なわれています。

 

方法

  1. 生理食塩水と健康な人の便を混ぜる。
  2. 固形物を取り除くため、フィルターでろ過する。
  3. ろ過した液体を内視鏡で患者の大腸に移植する。

効果

注入された人は、腸内バランスが正常化して、腸内で起きている疾患が改善する。
現在は、クローン病や難治性の潰瘍性大腸炎などの治療のために臨床研究が行なわれています。
とくに、抗菌薬で腸内の悪玉菌を一掃したあとに糞便移植を行なう併用便移植療法の分野では、大きな成果を得ている。

 

余談「理想的腸内環境」

生活習慣病や精神疾患などにも影響を与える腸内フローラ。
その理想的な状態は身体にとって有益な善玉菌が2割、身体に悪影響を及ばす悪玉菌が1割、通常時は有益でも有害でもない日和見菌が7割でバランスが取れていることだ。
このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、悪玉菌から分泌される有害物質が増加して全身をめぐり、さまざまな疾患を引き起こすと考えられています。

 

経口カプセルに入れて飲み下す。

もっと手軽な経口カプセルを使う方法もあります。
腸が健康な人の排泄物から必要な細菌だけ集め、経口カプセルに入れて飲む。
ただそれだけです!!

 

排泄物を直接飲むわけではないため、抵抗感は高くないうえ、内視鏡も使わずに済みますよね。
2013年にカナダのアルバータ大学で、クロストリジウム·ディフィシル菌(CD菌)による大腸の疾患治療の患者に比較臨床試験を行なったところ、治癒率はなんと約90パーセントだったという報告があります。
この結果には医師も驚いたそうです。

 

これほど効果的な糞便移植に経口カプセルですが、やはりまだまだ排泄物から作られることで抵抗感が払拭できていません。
現在は腸内環境を整えるためには、ヨーグルトや乳酸菌飲料がメジャーですが、ヨーグルトよりもうんち、という時代がもうすぐやって来るかもしれないね。

 

まとめ

  • CD菌感染症90%改善
  • 抗菌薬との併用で潰瘍性大腸炎も治る可能性あり

 

いかがだったでしょうか。
本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
ブログ村へのクリック、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。