リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

【先進医療】ダイエットに革命!貼るだけダイエット!マイクロニードルとは?

貼るだけで痩せられるなんて夢のようですよね?
この記事は、マイクロニードルによって皮下脂肪を燃焼しやすい細胞に変える技術について紹介していきたいと思います。

 

はじめに

私が今まで生きてきた中でも、メディアを通して、実にたくさんの民間療法的ダイエットが紹介されてきました
例を上げると、ブートキャンプのダイエットDVDや健康機器、こんにゃく、黒酢、寒天、チョコレート、酵素など。。。
時代によってさまざまな食品ダイエットも流行し、多くの人々がチャレンジしていきました。

 

しかし、1度は痩せても、運動不足や食事などでリバウンド。。。
いまだに痩せられないという人が大勢いるでしょう。

 

医療行為の中でも、こんな治療法があるのでご紹介します。

ダイエット治療【脂肪吸引術

1度の施術によって痩せることができますが、費用は各部位によって1か所あたり10万~20万円前後がかかります。
保険適応にするには、高度肥満症(BMI35以上)や肥満を原因とする生活習慣病の患者でないと原則難しいです。
そのため、ダイエットや美容のためとなると、全額自己負担となります。

 

そうした悩みを一気に解消してくれる夢のような治療法がマイクロニードルです。
皮膚に貼るだけで脂肪が燃焼する夢のようなパッチが開発されているのです。

 

貼るだけ!マイクロニードルとは?

 

(※美容経済新聞:マイクロニードル)

マイクロニードル自体は、すでに美容において実用化されています。
ヒアルロン酸が肌に浸透するシート状の経皮吸収型化粧品として売られているのです。

 

それに応用して、2017年9月、米コロンビア大学メディカルセンターの研究グループが、米国化学会発行の学術誌『ACS Nano』である発表をしました。
脂肪を燃焼させることに成功しました!!
その夢のような方法とは、ナノテクノロジー(超微細技術)を利用して、有効成分を直接、皮下の細胞に届け、その有効成分によって脂肪を燃焼させるというものです。

そもそも肥満とは?

人間の身体には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類の脂肪細胞があります。
・『白色脂肪細胞』は、余分なエネルギーを脂肪として蓄えておくもの。

・『褐色脂肪細胞』は、脂肪を燃焼させて熱を発生させる(脂肪を熱エネルギーに変える)働きをするもの。

この2種類の脂肪がバランス良く存在していればいいのですが、成人期になると褐色脂肪細胞がほとんどなくなり、白色脂肪細胞が増えてしまうのです。
これが肥満の原因なんです。

 

以前から、特定の化学薬品の成分を白色脂肪細胞に注入すれば、褐色脂肪細胞に変化することは判明していたんです。
しかし、従来の軟膏やクリームの場合では、深部まで薬剤が浸透しにくく効果的に注入する方法がありませんでした。

 

そこに救世主が表れたのです。

研究チームは、直径約250ナノメートル(1ナノメートル=100万分の1ミリ)のナノ粒子に薬の成分を入れ、指先大のスキンパッチにつけた微細な針(マイクロニードル)から皮下に直接浸透させる方法を開発しました。
効果的に有効成分を白色脂肪細胞に届けられるようになったのです。

 

特に、マウスを使った4週間の実験では、パッチが貼られた部分の脂肪が20パーセントも減少した結果となったそうです。
さらに、有効成分は全身に行き渡るわけではなく、貼られた部分に対し持続的に浸透していくため、その部分だけが痩せる効果が出ます。
つまり、これを貼れば、お腹周りや二の腕のたるみの解消など、気になるところにピンポイントで部分痩せが可能になるのです。

 

身体の一部分だけを痩せさせる魔法のパッチと呼んでもいいんじゃないでしょうか?(笑)
この技術を手にすれば、人間は肥満やダイエットの失敗に悩むことはなく、また生活習慣病の予防にもつながるのでは?
と注目されています。

 

まとめ

  • 皮膚に貼るだけで脂肪が燃焼する。
  • スキンパッチにつけた微細な針(マイクロニードル)から皮下に直接浸透させる。
  • パッチが貼られた部分の脂肪が20パーセントも減少した。

 

本日は読んでくださってありがとうございました。
他の記事もぜひ読んでください。
ブログ村へのクリック、TwitterやFacebookの拡散・フォローお待ちしています。