理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

病院が風邪薬を出す理由は「患者さんの満足度」のためだった!?

よく噂で、「風邪は薬じゃ治せない、そもそも風邪薬は存在しない。」と聞きませんか。これは、紛れもなく真実なのです。では、なぜ医者は、風邪に対して薬を処方するのでしょうか?その答えは、「他の病気にかかっている可能性がある」「二次感染を防ぐため」などの理由もありますが、一番大きな理由は「患者さんの満足度を上げるため」だったのです。解説していきたいと思います。

確かによく「風邪薬はない!」って噂で聞くなーー。
ずっと医者は「収益のために」薬を出しているとばっかり思っていた。

でこちゃん

大川

まあ、そう思う人もいるでしょうね。
ついでに、その誤解もときたいですね。
ただまずは、「風邪というのはどんな病気か?」「薬で治らない理由」を説明していきたいと思います。
「風邪はどんな病気?・薬で治らない理由」

 風邪とは、簡単に言えば「のどと鼻の病気」です。のどと鼻にウイルスという悪いものが住み着いて勝手に増え、大騒ぎ(医学的には「炎症」といいます)をします。その結果、のどが痛くなったり、鼻水がたくさん出たりします。つまり、風邪の原因は「ウイルス」なのです。

 

 ウイルスというものはとても小さいので、目で見ることはできません。風邪の原因となるウイルスは1種類ではなく、実にたくさんあります。それが、特効薬を作れない理由でもあるのです。ウイルスは通常、数日で死滅し、ぼろぼろになったのどや鼻はすぐに自動的に修復されます。ですから、風邪は放っておいても治る病気といってしまってもいいかもしれません。

大川

風邪の原因は「ウイルス」です。これが一つのキーワードになるので覚えておきましょう。

なぜ医者は、風邪の患者さんに薬を出すのか?

主に次の二通りです。医師が風邪の患者さんに処方する薬のパターンは、

1、対症療法の薬のみの場合
2、対症療法の薬+抗生物質

 1、対症療法の薬のみの場合

 つらい症状を抑えるための治療です。対症療法とは、のどが痛かったら「痛み止め」を、熱が高かったら「解熱剤」を使って痛みを取り除くという、「症」状に「対」して行う治療です。ですから、うわべだけの治療といってもよく、のどの痛みや発熱の根本的な原因であるウイルスは無視しています。

風邪の原因となるウイルスはたくさんあり、それが特効薬を作れない理由だったな。

でこちゃん

 2、対症療法の薬+抗生物質の場合

 「抗生物質」が加わっていますね。「抗生物質」は別名「抗生剤」、「抗菌薬」とも呼ばれる「細菌という微生物にのみ対抗するお薬」のことです。微生物とは、目に見えないくらい小さな生物のことです。

ちょっと待って!!風邪の原因は「ウイルスだよね?
なんで細菌に対抗する薬を投与するの??

でこちゃん

 先ほどご説明したように、風邪はウイルスという微生物による病気です。ウイルスには細菌と違って抗生物質は効きよせんから、これは全くの無意味な治療になります。風邪の原因は、抗生物質が効かないウイルスです。それはまるで「足の骨が折れているのに、手の手術をしている」ようなもの。これくらいトンチンカンな対処に思えます。

それでも現在、抗生物質を出す理由

しかし、今でも、風邪の患者さんに抗生物質を出す医者は少なくありません。なぜ医者は抗生物質を出し続けるのでしょうか。

「その患者さんが、細菌に感染している可能性を否定できないから」

風邪と似た症状では、「溶連菌感染症」という病気があります。これらの細菌による感染の可能性がわずかながらある、という主張です。しかし、溶連菌には検査がありますから、それをやらずに処方するのはあまり意味がありません。

「ウイルス感染の二次感染に対する、あるいは予防するために処方する」

二次感染とは、ウイルス感染で弱った体に対して、今度は細菌が攻撃し、感染を起こすというもの。これは高齢者や免疫が弱い患者さんであれば有効な可能性はありますが、それ以外の人には意味はありません。なので、高齢者や免疫が弱い患者さんに抗生物質を出すのはある程度効果はあるのです。

「患者さんの満足度」

 しかし、間違いなくこれが一番大きな理由です。開業医だけでなく医者にとって、「治ること」と同じくらい「患者さんの満足度」は大切です。なぜなら、患者さんが来なければ、クリニックや病院の経営が悪化しつぶれてしまうからです。

 ここでちょっと想像していただきたいのです。でこちゃん!あなたは風邪を引いてしまいました。

つらいし、仕事や家事が忙しい。一日でも早く治したい・・・。

でこちゃん

そこで近所の病院を受診したのに、「風邪に薬はこれこれこういう理由で不要。抗生物質は効きません。よく食べて、よく寝てくださいね」といわれ、薬を出してもらえなかった。さあ、どう思うでしょうか?

風邪には効かなくても、症状を軽くする薬ぐらいは欲しい・・・

でこちゃん

 その通りです。せっかく病院まで来て、3時間も待ってお薬なしでは、「え、お薬、欲しいんですけど」となるのです。3、4種類の薬を処方してもらった方が、圧倒的に満足しますよね。また「風邪=抗生物質」という図式が世間に広まってしまったことにも問題があります。私の母も、私が幼い頃「風邪なんだから、お医者さんで抗生物質をもらわなければ」と念仏のように唱えていました。

今後の医療は・・・?

 それでも、「風邪には抗生物質」神話はどうしても撲滅しなければなりません。というのも、むやみに抗生物質を出すと、抗生物質が効かない菌が生まれてしまいますし、世界全体に広がる心配があるからです。何だか雲をつかむような話ですが、これは実はかなりのおおごとで、厚生労働省も目の色を変えて対策を講じています。無論、そういう風潮を作ってしまったのは、これまで風邪の患者さんに抗生物質を処方し続けた医師なのですが・・・。

 

MEMO
ちなみに海外では、対症療法の風邪薬は、医師の処方なしに薬局で購入できる国が多いのです。つまり、保険医療(7割引きの値段でみなさんが受けている医療)では、処方ができなくなっているんですね。なぜなら、「必要じゃない薬に、国民のお金(=保険)は使えない」からです。最近になり、日本でもロキソニンなどの解熱剤は薬局で買えるようになりました。これは私の予想ですが、近い将来、日本でも風邪で医師にかかったときに痛み止めや熱冷ましなどの対症療法の薬が処方できないシステムになるでしょう。医療費の肥大はますます深刻になっていきますから。

まとめ

  • 風邪の原因は「ウイルス」
  • 風邪薬は、対症療法の薬か抗生物質の薬の2種類。
  • 風邪薬を出す理由の一番の理由は、「患者さんの満足度」のため。
  • 風邪には、お薬ではなく栄養と休養が一番。

1 Comment

Howtostartanonlinepharmacybusiness

被害者ビジネスの為、嘘を付いて世界を騙すのはやめて欲しい、韓国人は悲しい物語を創り、高齢の売春婦を儲けになると、そそのかして嘘の証言をさせ、善良な一般人まで騙している、日本も過去この手法に何度も騙されて基金に大金を拠出してしまった、しかし、これに味をしめて、韓国は同じ問題で何度も脅迫的な詐欺を繰り返している。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)