第56回(R3) 理学療法士国家試験解説【専門】

購入にあたっての注意点
  • 解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成したため、間違いや分からない点があることをご了承ください。コメント欄にて誤字・脱字等、ご指摘をお願いいたします。
  • 決済システムを「codoc様」を使用しているため、返金対応はできません。
  • 購入していただいたお金は、さらなるブログ更新費用として使わせていただきます。無料記事を読んでいただき、少しでも応援していただける方はよろしくお願いいたします。
  • クレジットカードお持ちではない方は、「年会費永年無料の楽天カード」がおすすめですが、銀行振り込みでも可能ですので、「こちらの記事」をご覧ください。

※問題の引用:第56回理学療法士国家試験、第56回作業療法士国家試験の問題および正答について(厚生労働省HPより)

午前問題1~50

問.1~10

1 75歳の女性。誤嚥性肺炎。喀痰培養でMRSAを検出した。マスク、手袋、ガウンを装着し病棟個室で肺理学療法を開始した。
 感染予防策について正しいのはどれか。

1.N95マスクを装着する。
2.個室のドアは開放してはならない。
3.ガウンは退室時病室内で脱いで廃棄する。
4.退室時手袋を装着したままドアノブに触れて開ける。
5.手袋を装着していれば手指消毒は不要である。

解答

解説

M R S A(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)とは?

 黄色ブドウ球菌は非常にありふれた常在菌で、健常者でも髪の毛や鼻の粘膜、口腔内、傷口などによく付着している。本症例は、「誤嚥性肺炎」の症例であるが、M R S Aの場合は感染経路が「接触感染(直接患者に接触する)」と「間接感染(介護用品や環境表面に触れることで感染)」の2つであり、「標準予防策」で対応する。標準予防策(standard precaution)は、全患者・医療従事者に対して実施される感染予防策である。手洗い、個人防護用具の使用などに基づく医療器具や周辺環境における感染対策である。感染の有無に関わらず入院患者すべてに適用される予防対策であり、患者の血液や体液、分泌、排泄されるすべての湿性物質、粘膜、創傷の皮膚は感染のおそれがあるとみなして、対応、行動する方法である。

1.× N95マスクを使用するのは、「空気感染」を予防するときである。ちなみに、感染経路が空気感染なのは、「麻疹・水痘・結核」である。
2.× 個室のドアは開放してはならないのは、「空気感染」を予防するときである。空気感染策時のみ、個室で固有の換気システムを必要とする。本症例の場合、「接触感染」を防ぐため原則として個室収容または集団隔離が必要である。
3.〇 正しい。ガウンは退室時病室内で脱いで廃棄する。なぜなら、ガウンには菌が付着している可能性があるため。
4.× 退室時手袋を装着したままドアノブに触れて開ける必要はない。むしろ、間接感染の可能性があるため、退室時は手袋を部屋内で破棄し、手指消毒後の手でドアノブを開ける必要がある。
5.× 手袋の装着の有無にかかわらず、手指消毒は必要である。なぜなら、手袋には低い確率でごく小さな穴(ピンホール)が開いているため。

 

 

9 COMMENTS

大川 純一

コメントありがとうございます。
ご指摘通り間違えておりました。
修正いたしましたのでご確認ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する
大川 純一

コメントありがとうございます。
ご指摘どおり間違えておりました。
修正いたしましたのでご確認ください。
今後とも宜しくお願いいたします。

返信する
大川 純一

コメントありがとうございます。
今後もお気軽にコメントください。
よろしくおねがいします。

返信する
アオイ

56回専門問題の午後21の解説が表示されないのですが、何か問題ありそうですか?

返信する
大川 純一

コメントありがとうございます。
申し訳ございませんでした。
プログラムに不備があり表示されておりませんでした。
現在、修正しご覧になれると思いますが、何かございましたらお気軽にご連絡ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)