第56回(R3) 理学療法士国家試験解説【専門】

購入にあたっての注意点
  • 解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたため、間違いや分からない点があることをご了承ください。コメント欄にて誤字・脱字等、ご指摘をお願いいたします。
  • 決済システムを「codoc様」を使用しているため、返金対応はできません。
  • 購入していただいたお金は、さらなるブログ更新費用として使わせていただきます。無料記事を読んでいただき、少しでも応援していただける方はよろしくお願いいたします。

※解答の引用:第56回理学療法士国家試験及び第56回作業療法士国家試験の合格発表について(厚生労働省HPより)

午前問題1~50

問.1~10

1 75歳の女性。誤嚥性肺炎。喀痰培養でMRSAを検出した。マスク、手袋、ガウンを装着し病棟個室で肺理学療法を開始した。
 感染予防策について正しいのはどれか。

1.N95マスクを装着する。
2.個室のドアは開放してはならない。
3.ガウンは退室時病室内で脱いで廃棄する。
4.退室時手袋を装着したままドアノブに触れて開ける。
5.手袋を装着していれば手指消毒は不要である。

解答

解説

M R S A(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)とは?

 黄色ブドウ球菌は非常にありふれた常在菌で、健常者でも髪の毛や鼻の粘膜、口腔内、傷口などによく付着している。本症例は、「誤嚥性肺炎」の症例であるが、M R S Aの場合は感染経路が「接触感染(直接患者に接触する)」と「間接感染(介護用品や環境表面に触れることで感染)」の2つであり、「標準予防策」で対応する。標準予防策(standard precaution)は、全患者・医療従事者に対して実施される感染予防策である。手洗い、個人防護用具の使用などに基づく医療器具や周辺環境における感染対策である。

1.× N95マスクを使用する必要はない。なぜなら、N95マスクを使用する場合は、感染経路が「空気感染」である時のみであるため。ちなみに、感染経路が空気感染なのは、「麻疹・水痘・結核」である。
2.× どの感染予防策であっても個室のドアを開放してならないという決まりはない。ただし、空気感染策時のみ、個室で固有の換気システムを必要とする。
3.〇 正しい。ガウンは退室時病室内で脱いで廃棄する。
4.× 退室時手袋を装着したままドアノブに触れて開ける必要はない。むしろ、間接感染の可能性があるため、退室時は手袋を部屋内で破棄し、手指消毒後の手でドアノブを開ける必要がある。
5.× 手袋を装着するとしても、手指消毒は必要である

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)