リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第31回(H30) 介護福祉士国家試験 解説【問題66~70】

次の事例を読んで,問題66,問題67 について答えなさい。
〔事 例〕
Jさん(71 歳,男性)は20 歳から造園業を営んでいた。2 か月前に脚立から転落して,右大腿骨頸部骨折(femoral neck fracture)で入院した。骨折部位は順調に回復し,下肢機能訓練により杖歩行も可能であると診断されている。しかし,訓練への参加は消極的であり,入院中は車いすで過ごしていた。退院後は自宅で過ごしたいという希望から,下肢筋力に対する機能訓練で5 日前に介護老人保健施設に入所した。
 入所後のJさんは,日中のほとんどをベッド上でテレビを見て過ごしている。排泄に関する移乗を依頼する以外に職員に話しかけることはなく,食事をしていても他者との会話はみられない。Jさんの表情が穏やかなときに歩行訓練に参加を促すが,「ああ,うん…」と言うだけで訓練に参加していない。
 面会に来た妻によると,Jさんは,「施設で訓練しても歩けるようになるはずはない」と話していたということだった。また,妻は,「仕事が大好きで,仕事ができないことに相当落ち込んでいるようだ」と話した。

 

問題66 Jさんに対する長期目標の方向性として,最も適切なものを1 つ選びなさい。

1 病院で機能訓練をすること
2 施設での生活に慣れること
3 造園業に再び携わること
4 話し相手を見つけること
5 新しい趣味を見つけること

 

解答

解説

 介護過程の実践的展開における長期目標について問う問題である。介護過程におはる長期目標の設定は、アセスメント(assessment)により利用者の生活上の課題を明らかにし、その課題が最終的に解決された姿を長期目標として設定するものである。そのため、長期目標は利用者の可能性を最大限に実現させていくものでなければならない。

1.× Jさんは退院し、下肢筋力に対する機能訓練のために介護老人保健施成に入所している。選択肢の「病院で機能訓練をすること」は、適切ではない。
2.× 長期目標は一般的に、1~2年後の生活課題が解決された姿であり、「施設での生活に慣れること」は長期目標の方向性として適切ではない。
3 .〇 Jさんの妻は「仕事が大好きで、仕事ができないことに相当落ち込んでいるようだ」と話していることから、本人も「造園業に再び携わること」を望んでいると考えられ、長期目標の方向性として適切である。
4.× 長期目標は1~2年後の生活課題が解決された姿であり、「話し相手を見つけること」は長期目標の方向性として適切ではない。
5.× 介護過程の展開は利用者の望む生活の実現が目的であり、妻の情報からも仕事に戻りたいと希望していると考えられるJさんに対して、「新しい趣味を見つけること」を長期目標の方向性として設定することは適切ではない。

 

 

 

 

問題67 在宅復帰を目指すJさんに対する短期目標を,「外出することができる(1週間)」とした。
 短期目標に基づく支援内容として,最も適切なものを1 つ選びなさい。

1 車いすで20~30 分過ごしてもらう。
2 歩行器の使用を促す。
3 下肢を1 日1 回外転する。
4 トイレへの移乗訓練を行う。
5 骨折部位の回復を確認する。

 

解答

解説
 介護過程の実践的展開における短期目標について問う問題である。短期目標は長期目標を達成するための当面の目標であり、利用者や家族の思いがかなえられ、一定の期間で達成することが可能な内容にしなければならない。
 一般的には、慢性疾患による生活障害をもつ人の場合、3か月くらいまでを短期目標の期間とし、期間が経通した後には達成状況や適切性についての評価を行うことまでを意識しておく必要がある。

1.〇 Jさんの骨折部位は順調に回復しており、下肢機能訓練により杖歩行も可能であると診断されているが、入院中は訓練への参加が消極的であった。介護老人保健施設に入所した後も日中のほとんどをベッド上で過ごし、 訓練には参加していない。そのため、短期目標の「外出することができる」に対してベッド上ではなくまずは「車いすで20~30分過ごしてもらう」ことから段階的に取り組むことが必要であり、支援内容として最も適切である。
2.× Jさんは下肢機能訓練により杖歩行も可能であると診断されている。杖歩行から、「歩行器の使用を促す」のは機能を低下させる支援の内容であるため、適切ではない。
3.× 下肢の外転とは、膝関節を伸ばした状態で、股関節を外側に開くことであるが、在宅復帰を目指すJさんに対する短期目標として設定した「外出することができる」に対する支援内容としては適切ではない。
4.× 短期目標である「外出することができる」に基づく支援内容として付随する動作として外出時の排泄などについても検討をする必要はあり、「トイレへの移乗訓練を行う」ことも支援内容としては考えられるが、短期目標に対する最も適切な支援内容ではない。
5.×  Jさんは下肢筋力に対する機能訓練のために介護老人保健施設に入所しており、そのなかで短期目標として 「外出することができる」と設定している。そのため、支援内容としては、「骨折部位の回復を確認する」のではなく、下肢筋力の状況を確認することが必要であるため、適切ではない。

 

 

 

 

問題68 Kさん(82 歳,女性)は,身寄りがなく自宅で一人暮らしをしている。週1回利用している通所介護(デイサービス)で送迎を担当しているL介護福祉職は,Kさんから,「この間,いつもより膝の痛みが強くなって玄関で立てなくなった。ちょうど民生委員さんが来てくれて,一緒に受診して痛みは治まったの。医師から膝は痛むことがあるが生活に支障はないと言われたけど,いつまでこの家にいられるかしら」と打ち明けられた。その日の夕方,自宅へ送った時にKさんは,「施設の生活はにぎやかで,さぞ楽しいでしょうね」と話して,涙ぐんだ。発言を受けて,その場で本人の同意を取り,翌日,事業所内のカンファレンス(conference)が行われた。
 L介護福祉職が話す内容として,最も優先すべきものを1 つ選びなさい。

1 膝の痛みがなくならない理由
2 身寄りがないこと
3 施設に入所するタイミング
4 玄関で活用できる福祉用具
5 在宅生活の継続への不安

 

解答

解説
 チームケアである介護は、カンファレンスを行うことで利用者の現状理解、支援方針・内容等をチームで共通認識し、課題解決を図る。それにより、同じ目標に向かい効果的で科学的根拠に基づいた援動を行うことができる。 介護福祉職には、利用者の生活・身体状況、言動等を把握し、利用者の思いを代弁する役割があることを理解しよう。

1.× 膝の痛みがあり、不安を抱えて生活を送っているが、生活に支障はないと医師から言われている。また、なぜ痛みがなくならないのかという不安は抱えていないことからも、優先して話すべき内容ではない。
2.× Kさんは身寄りがなく一人暮らしをしている現状にあるが、身寄りがないことへの不安の訴えはないことから、優先して話すべき内容ではない。
3.× Kさんが「施設の生活はにぎやかで、さぞ楽しいでしょうね」と涙ぐんだという事実はあるが、施設入所を希望しているとは考えにくい。Kさん自身が入所をした場面を想像していることが予測されるが、本心は在宅で継続した生活を望んでいると考えられる。
4.× 膝の痛みが強くなり玄関で立てなくなったということは事実であるが、現在は医師からも生活に支障はないと言われており、Kさん自身にも福祉用具を必要とする様子はみられない。
5.〇 Kさんの発言に「いつまでこの家にいられるかしら」と打ち明けた。その情報から自宅での生活を望んでいることが推測される。 今後の在宅生活の継続に対する不安を抱えていることをカンファレンスで優先して話すべきである。

 

 

 

 

発達と老化の理解

問題69 乳幼児の標準的な心身の発達に関する次の記述のうち,適切なものを1 つ選びなさい。

1 生後3 か月頃,指を使って積み木がつかめるようになる。
2 生後6 か月頃,つかまり立ちができるようになる。
3 1 歳頃,喃語が現れ始める。
4 2 歳頃,二語文を話すようになる。
5 3 歳頃,愛着(アタッチメント(attachment))が形成され始める。

 

解答

解説

 時期・年代に応じた心理・身体的特徴などを理解しておく。

1.× 腕や指先を使った巧緻性を伴う動きの発達は、単純な動きから複雑な動きへと発達する。ガラガラや積み木などを握るといった動きは生後3か月頃からできるようになる。生後6か月頃には手全体を使ってつかむ動作が可能になり、指を使って積み木がつかめるようになるのは生後12か月でである。
2.× 生後3か月頃に首がすわり、生後5~6か月頃で寝返りが打てるようになる。生後6か月頃では支えて立たせると自分で体重を支えることができるが、まだつかまり立ちはできない。つかまり立ちができるようになるのは生後9か月頃である。そして、1歳前後に1人で歩けるようになる。
3.× 言語の獲得はこころや思考、社会性の発達に関与する。生後1か月頃になると「アー」「ウー」など母音だけを発する喃語(クーイング)が聞かれ、その後「バブバブ」「ダァダァ」といった2文字以上で意味をもたない語を発するようになる。1歳頃になると、 意味のある単語を話し始める。
4.〇 1歳頃に、音と意味が結びつき「ワンワン(犬)」「マンマ (ごはん)」など一語文を発するようになる。「ワンワン、きた」などの二語文を話せるようになるのは、2歳頃である。
5.× 愛着は乳幼児と養育者との関係のなかで形成される。愛着の発達過程は4段階あり、生後2~3か月頃までは養育者と他者の区別がない前愛着段階といい、生後3か月~6か月頃までは養育者に頻繁に微笑や発声を示す愛着形成段階という。生後6か月頃~2、3歳までに人見知りなど明確な愛着形成が図られる。3歳を過ぎると、養育者の姿が見えなくても、その行動が推測できるようになる。

 

 

 

 

問題70 高齢者に対する次の見方のうち,エイジズム(ageism)に該当するものを1つ選びなさい。

1 心身機能の個人差が大きくなる。
2 視覚機能が低下する。
3 流動性知能が低下する。
4 認知機能が低下する。
5 頑固な性格になる。

 

解答

解説

 エイジズムとは年齢差別や偏見のことをいい、特に高齢者に対する偏見・差別を指す。エイジズムはセクシズム (sexism:性差別)、レイシズム (racism:人種差別)と並ぶ主要な差別問題である。老年学者のバトラー(Butler. R. N)が提唱した概念で、高齢者に対する固定観念や誤ったイメージは、高齢者の社会参加の低下や長寿を望まない社会を招くおそれがある。高齢者の身体・心理・社会面などについて正しく把握しておきたい。

1~4.× 加齢に伴い、高齢者の心身機能でみられる特徴である。
5.〇 エイジズムには身体面に対する否定的なイメージのほか、経済面に関する偏見や高齢者の恋愛や結婚、性行為に関する偏見や差別がある。心理面や人格に関しても「高齢者は頑固な性格になる」などの一律的な見方がエイジズムにあたる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)