リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第31回(H30) 介護福祉士国家試験 解説【問題1~5】

※問題の引用:第31回(平成30年度)介護福祉士国家試験 筆記試験問題について

※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。

 

<領域:人間と社会>

人間の尊厳と自立

問題1 Aさん(82歳、女性、要介護2)は、夫を7年前に看取り、その後は一人暮らしをしている。夜中にトイレに行った時に転倒し、大腿骨頸部を骨折(fracture)して3か月入院した。自宅に手すりをつけ、段差をなくす住宅改修をした後、退院した。何かにつかまれば、いすからの立ち上がりや歩行ができる。人と関わるのは苦手なため自宅での生活が中心である。遠方に一人息子が住んでおり、月に1度は様子を見に帰ってくる。週3回、訪問介護(ホームヘルプサービス)の買物代行や部屋の掃除などの生活援助を利用している。Aさんはできるだけ自分のことは自分で行い、このまま自宅での生活を継続したいと希望している。訪問介護員(ホームへルバー)が訪問したときに、Aさんは一人暮らしを続けることが不安であると告げた。
 Aさんに対する訪問介護員(ホームヘルパー)の応答として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 「訪問介護(ホームヘルプサービス)を毎日利用したらどうですか」
2 「一人暮らしは大変なので息子さんと同居したらどうですか」
3 「また転ぶかもしれないと思っているのですか」
4 「グループホームに入居することを考えたらどうですか」
5 「手すりをつけたし、段差もなくしたので転びませんよ」

解答

介護における尊厳の保持、自立支援を進めていくうえで、専門職としては、利用者の状況に応じて身体的・精神的そして社会的なアプローチをバランスよく提供していかなければならない。

1.× Aさんは、現在すでに週3回の訪問介護を利用している。利用回数を増やすことは負担する費用の増額にもつながるため、まずは、アセスメントをしっかり行い、Aさんの状況を把握したうえで適切にサービスを提供していくことが求められる。
2.× 同居の提案は、Aさんの不安を軽減させる可能性はあるものの、息子は遠方に住んでいることもあり、双方の意向や状況をよく検討すべきである。
3.〇 Aさんは以前転倒し、大腿骨頸部を骨折して入院している。何かにつかまれば、いすからの立ち上がりや歩行ができるが、今後加齢に伴い身体機能が低下することで、また転ぶのではないかという不安をもっていることが考えられる。Aさんがどのように考えているかの再確認ともなるため、この応答は適切である。
4.× Aさんは、できるだけ自分のことは自分で行い、このまま自宅での生活を超続したいと希望している。選択肢の応答は、Aさんを混乱させてしまうため適切ではない。
5.× 住宅改修したことで、ある一定の安全および安心は得ることができたと考えられるが、「転びませんよ」と断言することは根拠もなく適切ではない。

 

問題2 「夜と霧」や「死と愛」の著作があるフランクル(Frankl,V.)が提明した価値の説明として、適切なものを1つ選びなさい。

1 公民権運動により別を解消すること。
2 生命が制限される状況において、いかなる態度をとるかということ。
3 最低生活水準を保障すること。
4 ライフサイクル (ife cycle) を通じたノーマルな発達的経験をすること。
3 アバルトへイト (人種隔離政策) を撤廃すること。

解答

精神医学者にして哲学者であるフランクルは、1905年ウィーンに生まれる。『夜と霧』においては、ナチスの強制収容所での体験(十字架の試練)を通し、人間が極度の身体的苦痛と精神的苦悩にさらされたとき、どのような状態に陥るかを観察して、「自分の人生を意味ある人生にしたい」という「意味への意志」の存在を確信したとしている。『死と愛』においては、創造価値、体験価値、態度価値の「3つの価値」を集大成している。生涯をかけて「生きる意味」を探求し、現代の実在的な無意味感や虚無感を突きとめてきたフランクルについて学ぶことは、 人間の尊厳を考えていくうえで非常に有用である。

1.× 公民権運動とは、アフリカ系アメリカ人が人種差別徹廃のために1950年代から1960年代にかけて行った大衆運動のことである。この運動は大きな犠牲を払いながらも、キング牧師らの指導のもとに成果をあげ、その後の社会権運動にも影響を与えた。
2.〇 選択肢のとおりである。フランクルは、生命が制限される状況において、いかなる態度をとるべきかについて、その価値を説いた。
3.× 最低生活水準の保障は、わが国における生活保護法の原理の1つである。同法は、日本国憲法第25条に規定される生存権保障の理念に基づいており、健康で文化的な生活を維持することができる水準および内容であること、すなわち人間の尊厳を維持するのに値する生活水準であることとされている。
4.× ライフサイクル論を提唱し、ノーマルな発達的経験を8つの年代に分け、心理社会発達段階を構築したのはエリクソン(Erikson,E.H.) である。彼は、自我の生涯発達の基本概念をアイデンティティとして理論化し、 ①自分は読字で固有な存在であるとする自己の斉一性、②時間的な連続性と一貫性、③自他ともに何らかの社会集団への帰をもつ帰属性の3つが自己意識の総体であると定義した。
5.× アバルトヘイトとは、南アフリカ共和国において行われてきた白人と有色人種とを差別する制度のことである。有色人種の参政権は認められず、集団地域法によって各人種の居住地域を分離する等、厳格な人種差別政策がとられていたが、国際的非難や、有色人種らの抵抗運動によって改革が進み、1994年に撤廃された。

 

人間関係とコミュニケーション

問題3 Bさん (90歳、男性) は、介護老人福祉施設に入所することになった。1人暮らしが長かったBさんは、入所当日、人と会話することに戸惑っている様子で、自分から話そうとはしなかった。介護福祉職は、Bさんとコミュニケーションをとるとき、一方的な働きかけにならないように、あいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すように心がけた。
 このときの介護福祉職の対応の意図に当てはまるものとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 双方向のやり取り
2 感覚機能低下への配慮
3 生活史の尊重
4 認知機能の改善
5 互いの自己開示

解答

この事例には、それまで一人暮らしが長かったBさんが介護老人福祉施設に入所したその当日の場面が描かれている。環境が大きく変化したことで、本人の不安や緊張が想像される。介護福祉職の対応はどうあるべきか、そのときの状況をよく把握しながら解答する必要がある。

1.〇 信頼関係を構築していくうえでは、相手も自由に発信できるよう、双方向のやり取りができる環境づくりが重要である。入所当日、介護福祉職があいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すよう心がけているのは、双方向のやり取りを意図したものである。
2.× Bさんは90歳と高齢であるが、視覚や聴覚等の感覚機能の記載はない。(感覚機能低下はある程度予測される。)感覚機能は身体および精神の状態を把握してから配慮すべきであり、適切ではない。
3.× 生活史を尊重することは、利用者理解に共通して重視される事項である。しかし、問題でのあいづちを打ちながらBさんの発話を引き出すように心がけたことの意図として、適切ではない。
4.× 高齢であるBさんの認知機能がある程度低下していることは予測されるが、まずはBさんの身体および精神状況を把握してから改善を検討すべきであるため、通切ではない。
5.× 介護福祉職がBさんに自分自身に関する情報を言葉によって伝達 (自己開示) することで、除々に互いの理解が得られ信頼関係の構築につながっていく効果は期待できる。しかし、あいづちを打つ行動が、必ずしもお互いの自己開示にはつながらない。

 

問題4 聴覚障害のある利用者と介護福祉職との間での筆談に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 中途失聴者が用いることは少ない。
2 空中に字を書くことは控える。
3 多人数での双方向のコミュニケーションに用いる。
4 図や絵よりも文字を多用する。
5 キーワードを活用して内容を伝達する。

解答

筆談は、文字という間接言語を中心に用いるコミュニケーション技法である。また、聴覚障害は、聴覚器あるいは聴神経が障害されることにより、聞こえが悪くなることをいう。近年になり、タブレット等を用いたコミュニケーションツールも開発され、聴覚障害者がタブレット画面に指で文字を書き、健聴者はタブレットに搭載されている音声認識機能を使用し、自動的に文字に変換して画面に表示することで、よりスムーズにコミュニケーションが図られるようにもなってきた。本問題では、利用者がいつから障害があったのか、また、障害の程度がわからないため、まずは一般的な筆談の特徴や留意すべき事柄について押さえておこう。

1.× 筆談は、新たに特別に習得すべき事柄もないため、聴力を失って間もない中途失聴者とのコミュニケーションに好まれる有効な手段である。
2.× 通常、筆談は紙やボードに文字や記号を書いて意思を伝達するが、イメージやポイントを伝えるべく、補足的に空中に字を書くことも有効である。
3.× 通常、筆談は紙やボードに文字や記号を書いて意思を伝達することから、多人数での双方向のコミュニケーションには不向きである。
4.× 筆談においては、できるだけ抽象的な表現を避け、具体的でわかりやすい表現が求められる。文字部分は必要最小限にとどめるようにし、図や絵も活用しながらコミュニケーションを深めるとよい。
5.〇 筆談は長時間におよぶとお互いに疲労感が増してしまうので、適宜キーワードを活用して内容を伝達することは有効である。また、筆談中に難しい漢字を使うときは、必要に応じてふりがなを用いるとよい。

社会の理解

問題5 家族の機能に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 衣食住などの生活水準を維持しようとする機能は、生命維持機能である。
2 個人の生存に関わる食欲や性欲の充足、安全を求める機能は、生活維持機能である。
3 子育てにより子どもを社会化する機能は、パーソナリティの安定化機能である。
4 家族だけが共有するくつろぎの機能は、パーソナリティの形成機能である。
5 介護が必要な構成員を家族で支える機能は、ケア機能である。

解説

この問題では、現代社会における家族機能について問われている。昨今重視されている共生社会の実現においては、1人の利用者のみに焦点をおいて支援することはできない。その利用者の周囲にいる者、特にその利用者に関わる家族の役割と機能を正確に理解し、利用者とその家族を共に支援する視点が必要となる。

1.× 衣食住などの生活水準を維持しようとする機能は、生活維持機能である。生命の維持をクリアした後の課題に対する機能である。
2.× 生存、食欲、性欲、安全に関する機能は、生命維持機能である。
3.× 子育てにより子どもを社会化する機能は、子どもの社会化機能である。パーソナリティの安定化機能は、 家族構成だけで共有できる安定してくつろげる機能のことである。
4.× パーソナリティの形成機能とは、発通段階において、パーソナリティが段階的に形成される機能を指している。家族の機能ではない。
5.〇 ケア機能の対象はさまざまである。介護が必要な構成員を家族で支える機能のほか、介護をしている構成員や同居の家族を心理面や社会面で支える、あるいは支え会うことも家族のケア機能である。

●家族の機能
生命維持機能:食欲、性欲、安全や保護を求める求を充足する。
生活維持機能:衣食住など生活を維持するうえで必須のものを充足する。
パーソナリティの安定化機能:「家族メンバーだけで共有できるくつるぎ」のようなものであり、ほかのものでは代替できない。
ケア機能:家族が病気やけが、加齢などにより介護が必要になったときに支える。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)