リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第30回(H29) 介護福祉士国家試験 解説【問題61~65】

介護過程

問題61 介護過程の目的に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 疾病の診断資料として活用する。
2 職種間の専門性の違いを明確にする。
3 介護福祉職の業務負担を軽減する。
4 利用者の自己実現を支援する。
5 家族の希望や思いを代弁する。

解答4

解説
●介護通程の目的
①利用者を中心とした個別的な介護サービスの提供
②利用者に対する質の高い介護サービスの提供
③自立を目指した利用者および家族の積極的な参加促進
④介護チーム間のサービスの一貫性と多職連携
⑤専門職としての介護の質の向上
よって、解答は4となる。

 

 

 

問題62 利用者のアセスメント(assessment)に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者本人の希望に沿った情報を収集する。
2 家族のニーズを優先させながら情報を収集する。
3 介護福祉の知識を活用して情報を解釈する。
4 生活課題を明確にした後で情報を関連づける。
5 利用者の情報を整理した後で要望を聞く。

解答3

解説

●情報収集を行うときの主な留意点
①利用者の状態から正しく情報を得るために、観察力を身につける。
②利用者の個別性を理解するために、先入観や偏見をもたない。
③意図的に情報を収集し、情報の取捨選択をする(必要な情報を判断する)。
④利用者の「できない」ことだけでなく、「できる」ことについても情報を収集する。
⑤多角的な視点で複数の情報を収集する。
⑥家族や重要関係者、他職種から情報を収集するときは、あらかじめ利用者の了解を得ておく。
出典:介護導祉士国家試験ワークブック編集委員会編「介護祉士国家試験受験ワークブック2019 下」中央法規出版、2018年、102頁

よって、解答は3となる。そのほかは、先入観や偏見を持ちかねない。多角的・継続的に利用者理解に努める。

 

 

 

問題63 介護計画の立案に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 以前の介護計画は考慮せずに立案する。
2 現実的で実践可能な内容にする。
3 介護福祉職の望む利用者像を目指す。
4 本人や家族の希望と乖離してもよい。
5 安全性よりも効果を優先する。

解答2

解説

 介護計画の立案は、アセスメント (assessment)の結果をもとに設定した目標を達成するために、有効な計画を作成する段階である。この際には、利用者本人や家族の希望を踏まえるだけでなく、ADLやQOLも含めて考える必要があり、 また、より個別的で具体的に計画を立案する必要がある。
1.× 以前に実施した介護計画の状況や効果も踏まえ、現状ではどのような援助が必要なのか考慮し介護計画を立案する必要がある。介護過程は、「アセスメント」→「介護計画の立業」→「実施」→「評価」のサイクルで展開さ
れるためである。
2.〇 正しい。介護計画が「絵に描いた餅」のような実現する可能性がないものであってはならない。
3.× 介護計画の主体は、利用者である。介護福祉職の望む利用者像を介護計画の立案に反映することは、利用者に押しつけの介護となってしまうからである。
4.× 利用者や家族の希望を取り入れて介護計画を立案するため、乖離しているのは望ましくない。
5.× 介護計画の効果よりも安全性が優先される。介護計画の立案の優先順位として最も優先されるものが「生命の安全」であり、次いで「生活の安定」「人生の豊かさ」となる。

 

 

 

問題64 介護記録に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 事実はありのままに記録する。
2 鉛筆で記録する。
3 数日後に記録する。
4 介護福祉職の感情を記録する。
5 他職種との関わりを除外して記録する。

解答1

解説
1.〇 正しい。介護過程の展開において、記録は法的な根拠にもなり得るため、 介護計画の実施状況を事実のまま正確に記録する必要がある。
2.× 鉛筆で記述された記録は意図的な改ざんなどが行われる可能性があるため、適切ではない。
3.× 介護記録は、できるだけ当日に、記憶が鮮明なうちに書く。
4.× 介護記録には、サービスの実施状況や利用者の身体状況、精神・心理状況などについて客観的に記述する必要がある。
5.× 職種間の情報伝達を確かなものにするためにも、他職種との関わりも含めて記録する必要がある。

 

 

 

 

問題65 介護過程の評価に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

1 介護計画の内容に対する介護福祉職の満足度を評価する。
2 支援の実施状況に関する情報を整理して,評価する。
3 複数ある短期目標は集約して評価する。
4 実施後に評価基準を定めて評価する。
5 家族が多角的な視点から評価する。

解答2

解説
1.× 介護過程の評価とは、介護福祉職の満足度を評価するものではない。利用者に対するサービス提供の効果や実施状況、 計画内容の適切性などについて確認することである。
2.〇 正しい。介護過程の展開では、さまさまな職種や介護福祉職が提供する支援の実施状況に関して整理して評価する必要がある。
3.× 短期目標が複数ある場合には、それぞれの短期目標に対して評価を行う必要がある。複数ある短期目標を集約して評価することは適切ではない。
4.× 実施後に評価基準を定めて評価するのではなく、実施前から評価基準を定めておく。この基準が明らかでないと、実践した介護計画を客観的に評価し適切に修正することはできない。
5.× 介護過程の評価については、家族ではなく、介護サービスを提供した介護福祉職が多角的な提点から行う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)